泡沫な日々

ROの連絡をする程度の能力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

連絡

2週間程休止or低接続になります。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/17(火) 13:44:48|
  2. RO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

棚上層の危険性

棚G狩りに行ってきました。
時間帯は日曜日の11時からでとてつもない沸きがあり、また重さも半端ない事になっていました。
10F予定で9Fの通過の時、後衛前衛が分断されてしまいPTが半壊、SWQMでの復帰もとても困難な状態になってしまいました・・・。
やはり時間帯から見て相当のカオスが予想される時は、突入前の確認はきちんとしておくべきでした。
やむを得ずIWを多用しての移動を試みたのですが、ここでもまたトラブルが・・・。
できる限りは邪魔にならないよう展開していたのですが、やはりIWの特性上、どうしても邪魔になってしまったようで。
10F通路入り口すぐ近くで狩りをしていたPTから苦情が来てしまいました。
一応は、IWで全員の避難後、Mobを飛ばしてからIWを撤去する予定だったのですが・・・。
半壊していたため避難がうまくいかず、撤去までこぎつけませんでした。
狩っていたPTの方にも、Gの方にも嫌な思いをさせてしまって申し訳なく思います・・・。

やはり、IW等の効果がしばらく残るようなスキルは細心の注意を払って使うべきものです。
R後の棚上層は混雑時になると、とてつもない重さと沸きで移動中の事故も非常に起きやすくなります。
その際の復帰では、主にQMやSW、蜘蛛糸。
最適なのは多数を楽に足止めできるバキュームであるのですが、ソーサラは現在数が少なく、なかなか揃えるのは難しい状況です。
ソーサラが居ない時の多数の足止めではやはりIWくらいしかありません。
人が居る時は使わないにこしたことは無いですが、やはり使わなければ困難な状況はどうしても出てきます。
なるべく通路の封鎖や、不必要な連打と行った事はしないよう気をつけましょう。
重さのため、ハメもかなり困難になる事も多いですが、QM→IWだと少しは楽になります。
ただ、QMは3枚の配置制限のため、使えない事も多いのですが・・・。
また、ハメの後はできる限り後始末をしましょう。
PTの状態によっては後始末をしている時間がないこともあるので、周りには十分注意を払いましょう。

また、棚上層は他の狩場とちがい、混雑時は他のPTに全く迷惑をかけないで狩る事は非常に難しいです。
沸きの多さに前衛が捕まり、Mobが他PTにながれたり、PTが壊滅してMHを構成してしまったり、拉致によって連れて来たMobをなすってしまったり、PTが多いため間違って横殴りをしてしまったり。こういった状況は多々あります。
また移動時に後ろ沸きは無視せざるを得ないという事情もあります。
棚上層で狩る場合はそういった事情を理解し、もし起きてしまった時は、できる限りはその場で謝り、もしPTの状況などで手が離せない場合は、安定してからWis等を使って謝りましょう。
場合によっては多少目をつぶる事も必要になってきます。
また、IW等が多く出されている状況というのは、そのPTが半壊している確率が非常に高いです。
邪魔になる位置でそれが起きていた場合は、できるなら少々手を貸してあげるといった対応をとると、お互いに気持ち良く狩る事ができるでしょう。
また、拉致等で近くにだれかが飛ばされてきたり、見える範囲でだれかが倒れている、PTが壊滅している、といった時は、できる限り手を差し伸べるのが良いでしょう。
拉致や鬼沸きでの死亡はだれにでも起こり得るものです。
一種の災害といっても過言ではありません。
次に自分がされた際、今度は自分が助けられるかもしれないのですから。

棚上層は一般的にいわれるノーマナー行為が気をつけていても非常におこりやすい場所です。
それだけに、そこで狩る際は、できる限りの注意はもちろんですが、起きてしまった後のマナー、助け合いの心が重要になります。
せっかく狩りに来たのにPT同士でもめたのでは、したほうも、されたほうも嫌な気分になってしまいます。
したほうはしっかりと謝り、されたほうはそれを許す寛容な心を持って、皆で棚上層での狩りを楽しみましょう。

言い訳がましくなってしまいましたが、最後に、PTの皆様、Gの皆様、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。次回からこんな事にならないよう努めていきますので、どうかご容赦をお願いいたします。
  1. 2010/07/19(月) 13:55:49|
  2. RO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

R化後棚上層部(9F、10F)考察

R化後大人気となった臨時、棚上層ことタナトスタワー上層での狩りについての考察です。
必須職:AB1、支1、壁1、鳥1、教1、弓1、
基本構成 :AB1、支2、壁1、鳥1、教1、弓2、魚1、踊1、カート1、修羅orspp1


9F :弓1、範囲物理1必須。慰め多し。聖主体。慰めかぁいいよ慰め。
10F :魔も主火力となり得る。執行多し、闇中心。属性が9Fと変わるので武器属性注意。釣りは此方の方が楽。
※ 踊は樹ABや教で代用可。ただ、混雑時は教2は非推奨。ただし片方皿であれば復帰等の点から一考の余地あり。
※ カートは金銭重視なら居ると良い。特に10F。ゴヴ鎧重すぎワロタ。9FならStr騎士系で代用が可能な事も。
※ 弓1いれば、もう一人はシビア、範囲持RG、ローリングGlt、範囲持修羅等の物理範囲でもいける。ただしシビアは消耗が激しいので、矢筒は十分に持つ事。
※修羅がいると、残影して前衛に速度、ブレスをかけたり、金剛による壁代行、さらに横沸き監視の阿修羅処理なども可能なので、一気に楽になる事も有る。
※魔はすいている時であれば居なくても可。
※壁候補になるのは主にRG、RK、LK、パラ、Glt、魚等です。他職でもできる可能性あり。
※ABと支の比率は、AB1で十分、2で安心、3でガチといった感じです。基本AB1で問題ありません。
※混みが予想されるときは、献身の追加、壁の追加などの対策をすると良い。
※逆にすいている事が予想される時は、釣り役の追加などすると効率が上がります。
※基本構成はあくまで安定しやすい例です。目的や集まりやすさも勘案して少しずつ変えるのも良いでしょう。

必須装備:闇鎧、天使orアリス盾。前衛なら⑲兜、ノックバック回避装備があると便利かも。魔魚は片手杖推奨。盾大事。ただし持ち替えに自信があるなら、SoD等との持ち替えもあり。
消耗品:
前衛 :⑲なら聖水ないなら万能薬が良い。かなり使うので多目に持っていく事。ジークもあると幸せになれる。
AB  :樹用聖水等。踊や教が二人居ない時は100↑個推奨。
弓鳥踊:影矢、銀矢。9Fと10Fでの属性の違いに注意。シビアは消耗の度合いがシビアなので、十分に持っていく事。緊急時にsp剤も少しあると良い。
共通 :SWある人は青石80↑推奨。SWは後衛の命綱になる。イグ葉も忘れずに。



【狩り方】
・9F
攻撃方法:慰めが多いので、主に弓の♯や狼のクラスターボム等の範囲物理火力が殲滅役。HPの多い監視や執行には魔法が効くので、魚や魔のMS、SG、クリムゾンロック(味方スタン、罠消え注意)、ソウルエキスパンション等で補助する。壁に着けるので、MSは特性上Hit数が減る、また安定性にかけるのでSG>MS>クリムの場合が多い。ただしMSは連打がきく、重ねても大丈夫という利点もあるので、複数人魔がいるのであれば片方が撃つのが良いでしょう。ソウルエキスパンションはタナトスの感情に対して効果が高いので、状況を見て撃っていきましょう。

前衛の動き方:ベースは基本壁を背に、前衛が釣りやすい位置を選ぶ。壁が少し凹んだ位置や角がお勧め。魔と魚は釣ってくる位置にQMを置き、前衛はQMを突っ切るように垂直に壁に着くと楽かもしれない。完全に壁に着いた事を確認したら、超火力で殲滅。壁に着く寸前で捕まった場合は、パラ系ならAG、LK系ならオートカウンタ等で動けない事を示そう。遠くで捕まった時は何かしらの発言をするとよい。ショートカット登録をしておくと楽。基本的に棚のMobは前衛が離れた状態で攻撃、もしくは前衛がMobの策敵範囲外に出ない限りは移らないが、LAもタゲを取るようになったので、LAも早出し厳禁。いいか?着く前にうつなよ!?絶対うつなよ!?

火力の動き方:横沸きが激しいので、それらは基本単体火力(spp等)で殲滅。優先順位は監視が最優先。次いで執行、タナトス、保護、慰め。拉致のある監視は特に全力で迎え撃つ事。範囲魔法は前衛が釣ったMobが触れると流れて危険なのであまり撃たないほうが良い。撃つ時は、釣りルートにかからないように気をつける。もしかかったら、チャット欄を開いてダメージを打ち消す事。優先度としてはQMIWSW>>攻撃。前衛が捕まりかけ、また捕まった時はQMをかけに行き、それでも抜けられない時はSWロード。もしくはその場で殲滅。このときコメット等あると便利かもしれない。また、前衛が倒れて持っていたMobが流れてきたらまとめてIWでハメる。流れたMobがそのまま後衛へ行くと決壊の危機。QMに漬かっていれば楽にはめられるはず。

支援職の動き方:前衛が釣りに出て行くときはキリエをこまめにかけなおしてあげる事。後衛もキリエで良い。前衛が戻ってきたらハイネス→一人がキリエ連打推奨。連打出来ない時はアスムをかけると良い。残りの人はヒールなり各自の判断で。人数を前衛重視と後衛重視に分けておくと面倒が無い。踊が居ない時は、複数人のspが足りない時を見計らって樹を植えると良い。また、緊急時も植えておくと良い。樹のsp回復効果はブラギ中、重量超過でも回復する。範囲はブラギと同じで、ブラギが真ん中に立つと範囲が分かりやすくなる。踊、鳥はS4U、ブラギ最優先。しかし余裕があればシビアを撃とう。物理範囲としてはかなり優秀。また、風車やメランコリーがあれば、sppやRGが幸せになれる。教授は前衛が戻ってきたら、チェンジでなるべくspを供給する。また、後衛にもspを供給する。Rで忙しさがマッハだが、小宇宙を燃やして頑張ってください。皆spが足りない時はきちんと申告しよう。踊が居ない時は教授はもはや画面を見てられない事も多い。また、緊急時の蜘蛛や、皿であればバキューム、ストライキング等も喜ばれます。風車とストライキングを弓にかけると、罠3で執行や保護まで確殺になる事もあるので、できるだけかけると良いでしょう。

タゲられた時の動き方:横沸き時タゲられた人は、監視の場合必ず一歩離れてSWを待つ。それ以外はその場でSWを待つ。拉致は自衛の無い人にとってはほぼ死亡フラグ。されたら・・・がんばれ!

前衛が死んだ時の対処:硬い人、魚or魔or皿、支、が颯爽と助けに行く。Mobの量によっては、PTごと移動したほうが良い。魔はなるべく前について、MobはIWにハメ、QMを撒いて復活と撤退を助ける事。皿が居る場合は、バキュームで足止めするととても楽に起こす事ができる。IWについては周りに十分注意をはらい、後始末はきちんとする事。

10F:
基本の狩り方は9Fと同様。しかし、タナトスが苦悩から悲しみに変わり、クロキンがあるのでサイト、ルアフを定期的にかけておくと良い。また、こちらでは魚も主火力となる。範囲魔法は十分注意して扱う事。Mobが9FよりAtkが高めなので、横沸きは早期SWが重要になる。壁はつかまるとアイスが一気に無くなるので、救助に時間がかかる位置で捕まった場合、諦めて倒れた方が結果的に良い事もある。ゴヴ鎧はとても重いので、カートでも居ない限りは、諦めて捨てたほうが良い。金銭は9Fより落ちるが、経験値は高くなることが多い。
  1. 2010/07/13(火) 01:59:56|
  2. RO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

みこ

Author:みこ
RO tyr鯖にて活動してます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
RO (3)

FC2カウンター

プロフィール

みこ

Author:みこ
RO tyr鯖にて活動してます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。